全国大会

全国市民オンブズマン連絡会議は、1994年第1回仙台大会から毎年夏に全国大会を行い、各種調査発表と意見交換を行っています。
第13回全国市民オンブズマン福岡大会

2006年の全国大会は、福岡で2006/9/16(土)-17(日)に行いました。340名の参加でした。

  • 大会宣言
  • 都道府県・政令市 外郭団体 委託料・再委託料 アンケート調査結果(pdf)
  • 都道府県外郭団体 委託料・再委託料 アンケート調査結果詳細(xls)
  • 政令市外郭団体 委託料・再委託料 アンケート調査結果詳細(xls)

  • 指定管理者制度調査報告

  • 2005年度 入札調書の分析結果についての報告
  • 政務調査費調査(2006/7現在)
  • 2005年度 落札率調査 ppt発表
  • 外郭団体調査 ppt発表
  • 2003-06年大会資料、2002-2005年度包括外部監査通信簿 バックナンバー販売はこちら

    2005年度包括外部監査通信簿 発表

    全国市民オンブズマン連絡会議 包括外部監査評価班が、今年で7回目となる「2005年度包括外部監査通信簿」を完成させました。1冊4000円です。送料は何冊購入されても一律500円です。
    ご購入方法について、詳しくはこちら。http://www.ombudsman.jp/rank/h17gaibu.pdf


    以下は過去のニュースです。

    テーマ「行政の姿が見えますか? ~民営化の透明度を検証しよう~」

    • 講師 浅野史郎氏(前宮城県知事)「知事室から見た市民オンブズマン」
    • 全体テーマ調査・自治体の外郭団体への随意契約、「再委託」状況調査
              ・「指定管理者」の情報公開制度の整備状況

    • 全国調査・全国落札率調査(都道府県・政令市・県庁所在地市)
           ・包括外部監査の通信簿(都道府県・政令市・中核市・条例自治体)
          

    • 各テーマ報告
      • 1.談合・入札改革
           内容:全国落札率調査、焼却炉談合で住民訴訟の対象にしてこなかった工事についての呼びかけ、橋梁談合損害賠償請求住民監査請求の呼びかけ、し尿処理施設住民監査請求準備、自治体違約金条項見直し提案

      • 2.情報公開
           内容:外務省情報公開訴訟勝訴、捜査報償費偽名領収書開示、独立一体性論の現状、口利き記録制度と情報公開、審議会・審議会議事録の公開

      • 3.議会改革  
         
           内容:政務調査費の各地の活動を類型化し、活用できるようにする。

      • 4.警察問題
           内容:発表の内容を絞って報告

      • 5.住民訴訟における行政裁量の現状
           内容:最高裁判決が、行政裁量の枠を広げ、住民の請求を認めない判決を乱発しているので、その現状の確認と、今後の対策を発表する。

      • 6.大阪事例報告 
           内容:昨年の職員厚遇につづき、同和行政への「闇融資」が明らかとなった。これら仕組みの解説と、市民の取り組みを紹介。三セク破たんも。

            

    • 各地報告
      ・福岡オリンピックに対する地元市民オンブズの活動報告
      ・その他


    第 1 3 回 全 国 市 民 オ ン ブ ズ マ ン 福 岡 大 会

    • ■日 時:2006年9月16日(土)13時~17日(日)12時
    • ■会 場:福岡市都久志(つくし)会館(定員637名)
           福岡市中央区天神4-8-10 tel.092-741-3335

    • ■参加費:5,000円(大会資料集の代金を含みます)
    • ■懇親会費:5,000円(アークホテル博多ロイヤル)(定員250名)
    • ■タイムテーブル
       9/16(土) 13時~ 開会、実行委員長挨拶、基調報告(代表幹事 土橋 実)
               13時15分~14時00分 全体報告 
                 13時15分~13時30分 外郭団体調査
                 13時30分~13時50分 指定管理者制度
               13時50分~14時10分 斎藤文男名誉教授のコメント
                14時10分~14時30分 福岡の報告(人工島、オリンピック)
               14時30分~15時30分 浅野史郎氏講演会
               15時40分 休憩
               15時40分~16時20分 テーマ報告1 「談合問題」
               16時20分~17時00分 テーマ報告2 「情報公開」
               17時00分~17時40分 テーマ報告3 「議会・政務調査費」
               17時40分~18時00分 包括外部監査表彰式+監査人スピーチ
               18時00分        終了+懇親会会場に移動
               18時30分~20時30分 懇親会
       9/17(日)  9時00分~ 9時40分 テーマ報告4 「警察問題」
                9時40分~ 9時55分 テーマ報告5 「住民訴訟の行政裁量について」
                9時55分~10時35分 テーマ報告6 「大阪事例報告」    
               10時35分~11時30分 各地報告
               11時30分~12時00分 決議、大会宣言、次回開催地挨拶

    ■問合せ: 「第13回全国市民オンブズマン福岡大会」実行委員会
    〒810-0023 福岡市中央区警固2丁目17番 26-305号
    tel 092-731-7172  fax 092-731-7199
    ombuds@f.email.ne.jp
    http://www.ombudsman.jp/taikai/

    以上


    06/5/23に、都道府県・政令市あてに「指定管理者、委託料アンケート調査ご協力のお願い」「落札率アンケート調査ご協力のお願い」を送りました。


    以下、過去の全国大会の資料です。


    2005年の全国大会は、2005/9/10-11に別府で行いました。359名の参加で大成功でした。

    【テーマ】もっと広げよう、情報公開! ~あの手この手の公金横領・不正支出にストップを~

      大会資料

      第12回全国市民オンブズマン別府大会の大会資料(498ページ+351ページ)の販売を行います。1セット1000円(送料込み)。申し込みは全国事務局までメール(office@ombudsman.jp)かfax(052-953-8050)で。資料が届き次第入金して下さい。資料の目次はこちら


      「2004年度包括外部監査の通信簿」のご案内 

        全国市民オンブズマン連絡会議では,今年も包括外部監査の通信簿(2004年度)を発行致しました。9月中旬~下旬頃から発送開始予定です。
        申し込み方法は、こちらのpdfをご覧下さい。
        また、バックナンバーも取り扱っております。申し込みはこちら

  • 第12回全国市民オンブズマン別府大会

    2005年の全国大会は、2005/9/10-11に別府で行いました。359名の参加で大成功でした。

    【テーマ】もっと広げよう、情報公開! ~あの手この手の公金横領・不正支出にストップを~

      大会資料

      第12回全国市民オンブズマン別府大会の大会資料(498ページ+351ページ)の販売を行います。1セット3500円(送料込み)。申し込みは全国事務局までメール(office@ombudsman.jp)かfax(052-953-8050)で。資料が届き次第入金して下さい。資料の目次はこちら
      また、第7回東京大会から第11回函館大会までの5大会資料をセットで6000円(送料込み)で販売中です。(06.4.5現在 残り3セット)

      • 2005年大会宣言(pdf)
        大会宣言は、都道府県、政令市、内閣府、総務省、最高裁、東日本高速道路会社、中日本高速道路会社、西日本高速道路会社、首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社、独立行政法人保有・債務返済機構、成田国際空港株式会社、東京地下鉄株式会社に郵送で執行しました。

      発表資料


      「2004年度包括外部監査の通信簿」のご案内 

    •   全国市民オンブズマン連絡会議では,今年も包括外部監査の通信簿(2004年度)を発行致しました。9月中旬~下旬頃から発送開始予定です。
        申し込み方法は、こちらのpdfをご覧下さい。
        また、バックナンバーも取り扱っております。申し込みはこちら

    大会前日記者会見のお知らせ

    • 代表幹事・事務局長・実行委員長による記者会見
    •     日  時   9月9日(金)午後3時~
    •      場 所  大分市「市民の権利ビル」2階ホール( 大分市中島西1丁目4番14号)

    全国大会のお知らせ

    大会の主な内容

    9/10(土)

        

    • 12時~ 受付開始
    •   

    • 13時~ 全体会
            実行委員長挨拶、基調報告
    •   

    • 13時15分~ 全体報告 全国オンブズ事務局長 新海 聡
    •             補助金に関する全国一斉情報公開の結果報告等
        

    • 14時15分~ 記念講演 松葉謙三弁護士(前長野県副出納長兼会計局長)
           「驚くべき長野県の県政改革-政官財ゆ着を壊し、真の県民益をつくる」
    •   

    • 15時~  特別講演 愛媛県警の現役警察官 仙波敏郎巡査部長
    •   

    • 15時30分~ 各地報告
             大分からの現地報告―ムダな公共事業―
             宮城県警に対する裁判勝訴2件報告 など
    • 17時30分~ 最優秀包括外部監査人表彰
    •   

    • 17時40分~ 決議、大会宣言
    •   

    • 18時~ 懇親会
           プロのジャズ演奏家による生演奏を聴きながら大分の郷土料理や
           地酒、焼酎などを存分に味わって下さい。終了予定20時です。

    9/11(日)

      9時~ 分科会

    (ア) 議会改革分科会

          政治倫理条例、「議員になったオンブズマン」、政務調査費
       

    (イ) 公共事業分科会

          二風谷(北海道)、諫早(長崎)、大入島(大分)、仙台地下鉄、川崎港湾など
       

    (ウ) 談合・入札改革分科会

          ゴミ焼却談合、橋梁談合一斉住民監査請求の提案、「安かろう悪かろう」は神話だ
       

    (エ) 補助金・業務委託問題分科会(包括外部監査から学ぶ)

       

    (オ) 情報公開分科会

          防衛外交情報、「情報の一体性」、政務調査費、一部事務組合など
       

    (カ) 警察問題分科会

          事件当事者の意見交換 裏金・ノルマ・人事
    12時15分~ 全体会
    分科会報告、全体のまとめ等

    ■問合せ: 「第12回全国市民オンブズマン別府大会」実行委員会

    〒870-0047 大分市中島西1丁目4番14号市民の権利ビル2階
    大会実行委員会事務局長 河野聡
    tel.097-533-6543 fax.097-533-6547
    shimin-lawoffice@viola.ocn.ne.jp
    http://www.ombudsman.jp/taikai/


    全国一斉調査を行っています。

    【来年以降の検討課題】

    • 監理団体ob数、委託・再委託率調査(対象:都道府県・政令市・中核市)
        ※参考:第三セクター等の状況に関する調査結果(総務省 平成17年3月28日発表)
       上記調査結果の元資料はこちら(総務省自治財政局地域企業経営企画室からの情報提供)。 
    第12回全国市民オンブズマン別府大会 資料集目次

      大会資料の目次です

      第12回全国市民オンブズマン別府大会の大会資料(498ページ+351ページ)の販売を行います。1セット3500円(送料込み)。申し込みは全国事務局までメール(office@ombudsman.jp)かFAX(052-953-8050)で。資料が届き次第入金して下さい。

      全国大会資料集販売中

      全体会議資料 分科会資料 第1分冊

      目次

      全体会議報告・資料
      基調報告・九州の地から情報公開の新しいうねりを
      全国市民オンブズマン連絡会議のこの1年(2004・8~2005・7)
      第9回全国情報公開度ランキング(都道府県・政令指定都市)
      経済産業省大臣官房元企画室長刑事告発状
      2004年度入札調書の分析結果についての報告
      情報公開の今-ランキング10年についての成果と課題
      【資料1-8】一括ダウンロード(PDF)
      【資料1】情報公開度過去9回総合ランキング
      【資料2】過去9回の情報公開度ランキング評価項目
      【資料3】ランキング項目別都道府県得点率
      【資料4】前知事・新知事 総合ランキング変動調査、知事変遷史とランキング
      【資料5】各都道府県・政令市 請求受付件数・公開率・不服申立数・情報公開訴訟件数・泣き寝入り率
      【資料6】補助金についてのアンケート 結果集計
      【資料7】都道府県・政令市・県庁所在地市 補助金一覧表採点
      【資料8】一部事務組合条例制定数調査
      指定管理者の情報公開

      分科会報告・資料
      <議会改革>
      議会改革分科会-進行表
      熊本からの政治倫理条例での口利き問題の取り組み
      都道府県・政令市 政務調査費調査(2005.4.1現在)
      市民オンブズ石川の取り組み
      市民オンブズマン福井の取り組み
      佐賀からの海外視察取り組みの資料
      「議員は全日制市民オンブズマン」松江からの報告資料
      <公共事業>
      公共事業分科会進行予定
      この分科会の特徴と目的
      ・北海道の公共事業
      ・「仙台地下鉄東西線」公金支出差し止め訴訟の報告
      ・八ッ場ダム住民訴訟-最悪のダム建設をストップさせるために
      ・KCT事業の失政と川崎市の責任
      ・大入島埋立問題について

      <談合・入札制度改革>
      談合・入札制度改革分科会-進行メモ
      談合とのたたかいの現状と課題-第12回大会談合・入札制度改革分科会へのレポート-

      <補助金・業務委託問題>(包括外部監査から学ぶ)
      分科会進行予定
      包括外部監査分科会のご案内
      2004年度 包括外部監査の通信簿(概要版)
      包括外部監査の「宝」の探し方

      <情報公開>
      情報公開訴訟の課題と対策
      資料1:仙台市民オンブズマンの上告理由書の抜粋
      資料2:外務省報償費情報公開訴訟について
      資料3:開示決定等に関する審査基準 外務省
      資料4:検証申出書 名古屋市民オンブズマン

      <警察改革>
      捜査報償費不正支出に関する申し入れ
      仙台地裁の報償費、旅費判決について
      宮城県警捜査報償費予算執行停止について
      資料

      地域活動報告集 資料 第2分冊

      目次
      地域活動報告集
      グループ名
      札幌市民オンブズマン
      道南市民オンブズマン
      弘前市民オンブズパースン
      仙台市民オンブズマン
      市民オンブズマン山形県会議
      福島県市民オンブズマン
      市民オンブズマンいわき
      市民オンブズマンふたば
      市民オンブズマンいばらき
      市民オンブズパーソン栃木
      市民オンブズマン群馬
      埼玉市民オンブズマン
      千葉県市民オンブズマン連絡会議
      市民オンブズ千葉
      柏市民オンブズマン連絡会議
      東京・市民オンブズマン
      市民オンブズマン・町田
      品川区民オンブズマンの会
      かながわ市民オンブズマン
      よこはま市民オンブズマン
      かわさき市民オンブズマン
      さがみはら市民オンブズマン
      新潟市民オンブズマン
      市民オンブズ富山
      市民オンブズマン石川
      市民オンブズマン福井
      山梨県市民オンブズマン連絡会議
      くらし・しぜん・いのち 岐阜県民ネットワーク
      静岡県オンブズマンネットワーク
      オンブズパーソン遠州
      名古屋市民オンブズマン
      豊橋の情報公開をすすめる会
      市民オンブズ岡崎
      三重市民オンブズパーソン
      情報公開相談センター
      滋賀県市民オンブズマン
      京都・市民・オンブズパースン委員会
      市民ウォッチャー・京都
      市民オンブズマン(大阪)
      オンブズ近畿ネット
      市民グループ「見張り番」
      市民オンブズ・箕面
      市民オンブズマン兵庫
      市民オンブズ尼崎
      市民オンブズ西宮
      市民オンブズ・なら
      奈良県市民オンブズマン
      橿原市民オンブズマン
      市民オンブズマンわかやま
      市民オンブズ鳥取
      オンブズ・しまね
      市民オンブズマンおかやま
      倉敷市民オンブズマン
      市民オンブズマンつやま
      広島・市民オンブズマン会議
      竹原市民オンブズマン会議
      オンブズマン徳島ネットワーク
      市民オンブズ香川
      オンブズえひめ
      高知県市民オンブズマン連絡会議
      (NPO法人)市民オンブズマン福岡
      市民オンブズマン北九州
      (NPO法人)市民オンブズマン連絡会議・佐賀
      市民オンブズマン長崎
      くまもと・市民オンブズマン
      (NPO法人)おおいた・市民オンブズマン
      (NPO法人)日田市民オンブズマン
      鹿児島オンブズマン
      市民オンブズ奄美

      (NPO法人) 情報公開市民センター
      中央省庁会計監査体制ランキング(2004年)
      中央省庁タクシー・ハイヤー代管理体制の問題点とランキング
      情報公開法改正を求める意見書
      メディアに載ったNPO法人 情報公開市民センター

      資料
      第11回大会宣言
      全国市民オンブズマン連絡会議規約
      全国市民オンブズマン連絡会議名簿

    第11回全国市民オンブズマン函館大会

    04/8/28の全国大会で大会宣言を採択しました。内容はこちら。

    函館大会発表資料

  • 入札調書の分析結果についての報告(落札率・談合疑惑度調査)(pdf186k)
  • 政務調査費の透明度採点について(03年度分)(pdf)
  • 議員からの口利き記録制度について(pdf)
  • 公共事業再評価制度の実効性を検証する(pdf)
  • 合併特例債等の使途に関する実態調査結果(pdf 2.0m)
  • 裏金作りの牙城=警察を“更生”させるための処方箋
  • 平成16年2月26日付県費捜査費執行に対する監査への対応について
  • 都府県監査委員アンケート回答結果と分析・公安委員会アンケート回答結果と分析(pdf)
  • 03年度落札率調査ppt発表
  • 議会口利き・政務調査費調査 ppt発表
  • 警察裏金調査 ppt発表

    大会資料は全国市民オンブズマン連絡会議事務局で販売しています。
    1セット(355ページ+372ページ)3000円(送料込み)。警察改革分科会資料(73ページ)も添付いたします。
    希望冊数、住所・氏名を記入の上office@ombudsman.jpかfax(052-953-8050)でお申し込み下さい。資料に振込用紙を同封いたしますので後日お振込み下さい。

    注意:大会資料は書店では販売しておりません。また、残部(2004.12.12現在約10部)がなくなり次第販売は終了させていただきます。通信販売法表記


    2002年度包括外部監査の通信簿 販売中
    今年で5回目となる「2003年度包括外部監査の通信簿」を販売中です。
    全142ページ。1冊2500円。送料500円。
    チラシはこちら(pdf)。
    詳しくは市民オンブズマン(大阪)tel:06-6202-5051/fax:06-6202-5052(担当:佐藤)まで。

    以下 過去の情報

    2004/8/27(金)に全国大会事前記者会見を行いました。

      

  • 日時:2004/8/27(金)午後3時
      

  • 場所:花びしホテル(函館市湯川町1-16-18 tel0138-57-0131)
      

  • 記者会見ですので、8/27の参加はマスコミ関係者に限らせていただきます。特に事前申し込みは必要ありません。
  • 配布資料は8/28-29の全国大会の資料です。
  • 記者会見に関するご質問は、函館大会実行委員会(tel 0138-52-5171)か、 全国市民オンブズマン連絡会議事務局(tel 052-953-8052)まで。

    【全国大会で発表する警察関係の調査は以下の通り】

  • 監査委員・公安委員会に行った、警察不正経理に関する対応アンケート調査
  • 捜査費・捜査報償費公開請求(04/4/7)で判明した、使途年額のまとめ
  • 捜査費・捜査報償費「偽名領収書」公開請求(04/6/7)の公開状況中間取りまとめ
  • 警察が行った「自主調査」に対する情報公開請求(04/7/1)の集計

    【全国大会で発表する警察以外の調査は以下の通り】

  • 公共事業落札率調査(都道府県・政令市・県庁所在地市、任意市、特定公共事業)
  • 公共事業再評価委員会のまとめ(都道府県・政令市)
  • 合併特例債の全国調査
  • 議会の政務調査費の透明度調査(都道府県・政令市・県庁所在地市・任意市)
  • 口利き公開条例の調査

    第11回全国市民オンブズマン函館大会
    行財政の密室に光を -警察ウラ金から巨大ダムまで
      これまでの10年の活動を踏まえて、新たなる北海道函館の
      地で連帯の絆を強め、更なる活動の発展を期したいと思います。
      季節感豊かな函館の海の幸と異国情緒溢れる景観・温泉湯っ
      たり気分で皆さんのお出でをお待ちしております。
      【日時】 2004年8月28日(土)13時~29日(日)13時
      【会場】 花びしホテル 地図はこちら
      
      【参加費】5,000円(約500ページの大会資料集を配布いたします)
      【懇親会費】5,000円(花びしホテル内 バンケットホール)

    大会の主な内容

    8/28(土)
     
    (12時開場)
     全体会 13時~ 開会、実行委員会挨拶、基調報告
         13時15分~ 1.全体会報告(公共事業見直し、議会調査)
          14時30分~ 2.講演 警察問題 ジャーナリスト 大谷昭宏氏
         15時10分~ 警察問題パネルディスカッション
             大谷昭宏氏、市川守弘弁護士、原田宏二氏(元釧路方面本部長)、斎藤邦雄氏(元弟子屈署次長)
          16時40分~ 各地報告
          17時30分~ 決議、大会宣言
    懇親会 18時10分~ ジャズバンドの生演奏、北海道函館ならではの食材、
              季節の味、地元・各地からのお酒・ワインなども揃え
              楽しく歓談交流のひとときを・・・。
              もちろん、新鮮なイカ刺し、イカソーメンも・・・。
              終了予定20時、その後の夜景見物や二次会もお楽しみ
              下さい。


    ※懇親会には各地からの地酒・焼酎・ワインなどを並べる予定です。

    8/29(日)
     
    分科会 9時00分~13時00分
     1.議会改革 2.談合・入札改革 3.包括外部監査 4.公共事業 5.警察

    分科会(8/29(日))案内

    談合分科会:「談合のできない入札制度を普及させよう!」

    宮城県、長野県に続いて横浜市も04年度から入札制度改革に踏み切り、落札率は従前の95%から81%まで急降下。
    この流れを全国に広げるため、各地の制度改革への取組み状況を交流します。また、この1年間に、和解成立や公正取引委員会審判記録へのアクセス権確立などの成果をあげた各地の住民訴訟についても交流します。

    公共事業分科会:今の日本を救うにはこれしかない!「ムダな公共事業をストップ」

    1000兆円になることが時間の問題になってきた国と自治体の借金。絶えることのない談合と官僚汚職。経済破綻を目前にしながら甘い汁を吸い続ける一握りの土建屋・役人・政治家のトライアングルマフィア。
    この暗黒勢力の栄養源がムダな公共事業です。その栄養源を経つ。国民の手による「ムダな公共事業をストップ」。口で言うのは簡単だが、手をこまねいていては何も変わりません。智慧は出すもの。手は使うもの。全国の様々な創意工夫が持ち寄られます。「こうすればストップできる」この一点に絞った分科会です。

    包括外部監査:包括外部監査道場

    この分科会は専門的で特別の知識がいると思い、いわば「食わず嫌い」になっていませんか。しかし、そうではありません。試してください。参加(「食べてみる」)と実に役に立ち(「美味しく」)ハマッてしまう魅力があります。「通」になると行政の「建前と本音」も判り、行政歴、議員歴の長いベテランにも負けない力もつきます。
    民間の「監査役」たる市民オンブズの能力向上のためにも、ぜひご参加下さい。

    議会分科会:住民に見える議会・議員活動を目指して

    条例を定め、行政を監視する重要な役割であるはずの議会・議員の影が薄く、活動の透明度も低い。住民による議会・議員の活動チェックも困難だ。今年の全国大会では、議会・議員の透明度を財政面では3年目になる政務調査費透明度ランキングから検証し、活動面では議員が行政に行った要望記録の公開という点から検証する。要望記録は制度化が進行しつつあるが、その内容についての全国的な調査は今回がはじめてである。

    警察分科会:うそつきは警察官僚のはじまり 警察のウラ金づくりでだれも逮捕・起訴されない不正義

     
     警察官僚が仕切る警察組織全体に及ぶウラ金づくりとネコババはいまや誰の目にも明らかです。誰もが根本的な対策が必要だと感じています。なのに、警察庁と国家公安委員会は「不正経理はごく一部の警察署だけ」「私的流用はなかった」「領収証に仮名はやめよう」で、幕引きしようとしています。呆れるばかりです。往生際の悪い者に真の反省なし! 分科会では、不正経理の実情の報告と、原因と対策の検討をおこないます。


     申込書・地図・宿泊申込はこちら(pdf)。原則事前申込です。8/14必着。


    ■ お問い合わせは「第11回全国市民オンブズマン函館大会」実行委員会まで
    〒041-0841 函館市日吉町3-43-15 大河内小児科内
    道南市民オンブズマン事務局
    tel/fax 0138-52-5171
    メールアドレス taikai2004@ombudsman.jp

  • 第三セクター等の状況に関する調査結果

    総務省が平成17年3月28日に発表した第三セクター等の状況に関する調査結果の元資料を情報提供頂きました。(総務省自治財政局地域企業経営企画室)

    以下データです。

    ・全国集計 (xls(10メガ、右クリックして保存して下さい)

    ・統廃合等全国集計(廃止html , 統合html出資引き上げhtml , xls
    ・法的整理全国集計html , xls
    凡例(HTML)
    凡例用別紙(業務小分類)(HTML)
    「全国集計」以外のデータのPDF

    第11回全国市民オンブズマン函館大会

    大 会 宣 言

    1.警察の透明度と公正さをたかめよう

     昨年11月にここ北海道で発覚した北海道警察旭川中央署の捜査用報償費不正支出事件は、警視庁赤坂署事件など、これまで日本各地で明らかになった警察の不正支出と全く同一の手法であった。
     以降、全国各地で酷似した手法の不正経理が続々と明るみに出たことによって、不正支出は警視庁と北海道警察だけの問題でないことが誰の目にも明らかになった。ところが、これに対して警察がとった対応は、不正経理の真相の究明とは正反対の“犯罪の隠蔽”であった。不正経理のやり方が全国共通なら、発覚後の県警本部長の言葉、対処法まで全国共通、すべてがマニュアル化されているとしか言いようがない。
     このような警察にはもはや自力“更生”を期待することはできない。私たち市民の手で変えてゆくしかない。そのための第一歩として、警察情報の非公開処分に対する取り消し訴訟を全国で提起するとともに、警察の監査を厳しくするよう監査委員への働きかけをする、都道府県警察を管理する公安委員会への働きかけを始める、といったさまざまな取り組みをはじめることをここに宣言する。互いに成果を交換し合い、警察の透明度と公正度を高めよう。

    2.ムダな公共事業をやめさせる取組みを強化しよう

     地方自治体が主体となって推進する公共事業の規模は年間25兆円に及ぶ。このほかに国の直轄事業に対しても、地方自治体は巨額の負担金を支出している。
     私たちは、今大会で、各自治体に設置されている公共事業再評価委員会が、実質的に機能しているか否か、という調査を初めて行なった。
     しかし調査の結果、03年度において再評価委員会が実質的に機能したのは、都道府県では長野県のみ、政令市では広島市だけであった。長野県以外にも17府県、また広島市以外にも3政令市が、それぞれごく一部の事業の中止を決めたが、中止事業の事業費総額は2700億円程度で、長野県と広島市が中止を決めた事業の事業費合計5400億円の半分にすぎない。しかも他の29都府県、9政令市は、03年度において1件も中止を決めていない。
     私達は、長野県や広島市の取組みを全国に広げることを追求するとともに、これまでの各地のオンブズマンの経験を活用して、ムダな公共事業を差止める住民訴訟への全国的支援を、今大会を期に強化することを宣言する。
     その第一弾として、首都圏1都5県の住民とオンブズマンによる、八ッ場(ヤンバ)ダムへの負担金支出の差止めを求める一斉住民監査請求および住民訴訟を全面的に支援する。

    3.談合をやめさせる取組みを強化しよう

     ムダな公共事業が反省もなく継続される背景には、入札談合とそれを支える利権の闇が広がっている。
     私たちの調査でも、「一般競争入札の大幅導入」と、「地域要件の撤廃もしくは緩和」という正攻法で談合防止に踏み切っている自治体は、まだまだ極めて少ない。
     しかし、宮城県、長野県につづき、入札制度改革に踏み切った新潟市や横浜市では、平均落札率が約80%まで落ちているという事実が示すように、談合を放置することによって自治体が蒙る損害は巨大である。
     私たちはこれまでの経験を生かし、新潟市で明らかになった下水道管渠布設工事の談合について、全国的な入札調書の分析などの方法で、大手ゼネコンの談合事実を解明することを含めて、談合の責任を追及し、談合しにくい入札制度を確立させる取組みを強化することを宣言する。

    2004年8月28日

    第11回全国市民オンブズマン函館大会 参加者 一同

    第11回全国市民オンブズマン函館大会

    第11回全国市民オンブズマン函館大会 チラシはこちら。

    第11回全国市民オンブズマン函館大会
    行財政の密室に光を -警察ウラ金から巨大ダムまで
      これまでの10年の活動を踏まえて、新たなる北海道函館の
      地で連帯の絆を強め、更なる活動の発展を期したいと思います。
      季節感豊かな函館の海の幸と異国情緒溢れる景観・温泉湯っ
      たり気分で皆さんのお出でをお待ちしております。
      役所に電話して情報提供してもらったり。問い合わせの電話も多くあります。
      今日明日中に全国大会の申込用紙をホームページ上にアップする予定。
      明日の拡大幹事会で、全国大会の目玉、警察問題のパネリストを発表します。
      警察問題のwebが3ヶ月で50000アクセス突破。期待に応えたいと思います。

    第10回全国市民オンブズマン大会in仙台
    第10回全国市民オンブズマン大会in仙台

    全国市民オンブズマンの10年
     -その軌跡と課題

     全国市民オンブズマン連絡会議誕生の地仙台での記念すべき第10回大会。
     現地実行委員会は、みちのく仙台の海の幸、山の幸、野の恵みとともに、
     皆さんをお待ちしております。
     当日参加も大歓迎です。どなたでも参加できます。

     

    日時 2003年8月30日(土)13時~ 31日(日)12時
    会場 仙台国際センター
       仙台市青葉区青葉山 tel 022-265-2450
    参加費 5,000円
       約700ページの大会資料集を配布いたします。
    懇親会費 5,000円
       仙台国際センター内レセプションホール桜
    記念講演 佐高 信氏(評論家)
    主な内容

    8月30日(土) 全体会・記念講演・分科会・懇親会
      

      

     

      

    全体会 
    13時~
    全国市民オンブズマンの10年-その軌跡と課題
    1.食糧費・交際費 2.情報公開 3.議会透明度 4.談合・入札制度改革 5.監査の実態について、この間の取り組みによる前進面と課題を分かりやすくリポート
      
    講演 
    14時15分~
    記念講演 佐高 信氏(評論家)
    分科会 
    15時30分~
    1.議会改革 2.談合・入札制度改革 3.包括外部監査4.公共事業 5.情報公開の5分科会に分かれて、それぞれの現状と課題を徹底討論
    懇親会 
    18時~
    アンサンブルオーケストラsendaiの生演奏、宮城の新鮮な食材、各地から提供された自慢の銘酒が並ぶ地酒試飲コーナーが皆さんを大歓迎。もちろん「牛たん」、「笹かま」もありますよ。終了予定は20時
      

    8月31日(日) 各分科会報告、各地活動報告、大会決議など
    全体会
    9時~12時
    各分科会報告、各地活動報告、大会決議など

    大会申込要項はこちら。

    チラシと申込要項のpdfはこちら。


    お問い合せは「第10回全国市民オンブズマン大会in仙台」実行委員会まで
     〒980-0021 仙台市青葉区中央4-3-28-3f 仙台市民オンブズマン事務局
      電話 022-227-9900 fax 022-227-3267
      メールアドレス s-ombuds@nifty.com