包括外部監査

?平成11年度より都道府県・政令市・中核市で義務付けられている「包括外部監査」を、市民の目でチェックしようと、全国市民オンブズマン連絡会議が平成12年から「包括外部監査の通信簿」を毎年発行しています。「包括外部監査の通信簿」は販売中です。
2018年度「包括外部監査の通信簿」結果発表

全国市民オンブズマン連絡会議 包括外部監査評価班は18/8/28に「2018年版包括外部監査の通信簿」の結果を発表しました。
https://www.ombudsman.jp/houkatsu/2018kekka.pdf
(18/9/28追記)神戸市と静岡県の評価を訂正しました。
https://www.ombudsman.jp/houkatsu/2018seigo.pdf

(1)包括外部監査報告書の評価結果
 ① 平成29年度の各自治体の包括外部監査テーマ及びその評価は別紙一覧のとおりである。
  優秀賞3自治体3テーマ、活用賞20自治体20テーマであり、一方、改善要望12自治体12テーマであった。なお、例年、優秀賞の中でも最も優れた報告書に対し「オンブズマン大賞」を授与しているが、今年は抜きんでた報告書が見出し難く、選出はなかった。2018年9月1日・2日に新潟ユニゾンプラザで行う「第25回全国市民オンブズマン新潟大会」にて授賞式を行う。
 ② 「オンブズマン功労賞」について
 3年間同じ監査人が続けて優秀賞又は活用賞を受賞された場合にはオンブズマン功労賞を贈っている。平成27年度から29年度までの3年間続けて活用賞を受賞された監査人がいなかったので、今年はオンブズマン功労賞の受賞者はいない。

(2)自治体の措置対応の評価結果
   各自治体の平成27年度包括外部監査への措置対応に対するA~E評価は別紙「包括外部監査について自治体の活用度評価一覧表」のとおりである。
 総合評価の結果、Aランクになったのは、青森県、秋田県、埼玉県、東京都、石川県、岐阜県、大阪府、山口県、徳島県、愛媛県、札幌市、さいたま市、相模原市、浜松市、盛岡市、前橋市、川越市、越谷市、豊田市、大津市、豊中市、八尾市、松山市、久留米市、大分市、那覇市、東京都町田市、岐阜県羽島市の28自治体である。
 過年の通信簿では先進的に措置対応が優れたものに「措置模範賞」や外部監査への措置が同年内で最高(第一位)とみられたものには「オンブズマン大賞」ないし「措置模範大賞」を贈った。本年度は、全体として水準は上がっているものの、これらに該当する自治体はなかった。”
一方、今年から措置が形ばかりで内容が乏しいのは首長の政治責任を伴うとして、2年にわたりD、E評価のものについては、首長自身に対しイエローカード、3年にわたるものはレッドカードを宣することとした。そこで、評価班は3年連続で総合D以下の評価の18自治体(茨城県、千葉県、山梨県、鹿児島県、仙台市、千葉市、横浜市、名古屋市、京都市、熊本市、郡山市、八王子市、富山市、姫路市、尼崎市、倉敷市、福山市、長崎市)と2年連続で総合D以下の評価の2自治体(金沢市、奈良市)の首長に対し、改善を求める要望書を送付した。

なお、1冊5,000円(税込み)で販売しております。申込方法は、当ホームページ掲載の申込書をダウンロード https://www.ombudsman.jp/taikai/2018niigata.pdf し、必要事項を記入の上、FAX(052-953-8050)にてお申し込みいただけます。(所定の用紙以外も可)
資料申し込みフォームもあります。  https://ssl.form-mailer.jp/fms/db0fa3d3579968

18/8/28(火)地方自治体「包括外部監査の通信簿」記者会見します(名古屋)

「2018年版包括外部監査の通信簿」ですが、皆さまのおかげで今年も完成いたしました。
18/8/28(火)午後3時から愛知県弁護士会館で記者会見を行います。
報道機関の方はご参加いただけます。なお、同時間以降、全国市民オンブズマン連絡会議 ホームページに結果概要を公表予定です。 http://www.ombudsman.jp/

—-
平成11年度より都道府県・政令市・中核市で義務付けられている「包括外部監査」を市民の目でチェックしようと、全国市民オンブズマン連絡会議が平成12年から毎年行っている「包括外部監査の通信簿」の2018年版が完成しましたので御連絡致します。また、包括外部監査に自治体がどう対応したか「自治体の措置評価」も行いました。
なお、この記者会見は全国市民オンブズマン連絡会議としてのものであり、他地域では記者会見は行いませんのでご了承下さい。なお、毎年各報道機関には報道・全国配信いただいております。

 記事解禁:テレビ・ラジオ・ネット 8月28日午後3時以降、新聞8月29日朝刊 

● 日 時:8月28日(火)午後3時00分~
場 所:愛知県弁護士会館 3階委員会室
● 出席者: 浜島将周(弁護士)全国市民オンブズマン連絡会議包括外部監査評価班事務局長
   浮葉遼(弁護士)全国市民オンブズマン連絡会議包括外部監査評価班事務局長補佐

内容等詳細につきましては、全国市民オンブズマン(電話052-953-8052)までお尋ね下さい。データがご入用の方は、メール office@ombudsman.jp までお問い合わせください。

なお、1冊5,000円(税込み)で販売しております。申込方法は、当ホームページ掲載の申込書をダウンロード https://www.ombudsman.jp/taikai/2018niigata.pdf し、必要事項を記入の上、FAX(052-953-8050)にてお申し込みいただけます。(所定の用紙以外も可)
資料申し込みフォームもあります。  https://ssl.form-mailer.jp/fms/db0fa3d3579968

なにとぞよろしくお願いいたします。

2018年版包括外部監査の通信簿 チラシできました!予約受付中

2018年版包括外部監査の通信簿ですが、おかげさまで評価は大方終わり、予定通り2018/9/1に発行ができそうです。現在本文執筆と資料・アンケート整理に追われています。

発行に先立ち、チラシと申込書ができました。1冊5000円(税込・送料込)です。現在、順次各オンブズ、過去包括外部監査の通信簿購入者、都道府県・政令市・中核市・23区議にダイレクトメールを送付しています。

別途冊子をご購入するには、申込書をFAX(052-953-8050)するか、下記申し込みフォームで購入予約できます。
・資料チラシ・申込書pdf https://www.ombudsman.jp/taikai/2018niigata.pdf
・資料申し込みフォーム  https://ssl.form-mailer.jp/fms/db0fa3d3579968

購入された方には18/9/3以降に順次発送します。冊子に同封する振込用紙でお振り込みいただくか、銀行口座にお振り込みください。
なお、2018/9/1(土)午後-2(日)午前、新潟ユニゾンプラザで開催する第25回全国市民オンブズマン新潟大会「市民オンブズマンの逆襲!! 公共交通機関のあり方 今どきの入札・今どきの談合」の申し込みは以下をご覧ください。
http://www.ombudsman.jp/taikai/

今後ともよろしくお願いいたします。


日本公認会計士協会の包括外部監査レポートに「通信簿」が紹介されました

日本公認会計士協会(公会計委員会)は、18/5/15に「地方公共団体の包括外部監査制度の現状について」を公表しました。
https://jicpa.or.jp/specialized_field/20180515usr.html

その中の本文37ページ以降
3.包括外部監査の社会への定着状況について
 (5) 全国市民オンブズマン連絡会議における包括外部監査の評価
として、『包括外部監査の通信簿』について紹介されております。

全国市民オンブズマン連絡会議による評価が行われてきたことで、より一層、包括外部監査は社会へ定着し、地方公共団体の行政運営へ貢献してきたと考えられる。

とあります。

包括外部監査制度が1999年4月に導入されてから今年度が20年目です。
少しでも『包括外部監査の通信簿』によって、包括外部監査ならびに自治体の財務事務等の改善につながっていればよいと思います。

今年も「2018年版包括外部監査の通信簿」作成のためにご支援を

「包括外部監査の通信簿」へのご支援ありがとうございました!

2018/2/23-5/2まで行った支援募集ですが、目標金額の70万円を突破し、2018/5/7現在、47名の方から702,000円に達しました!
上記とは別途、郵便貯金・銀行からお振り込みしてくださった方が56名いらっしゃいます。
システムの都合上、上記金額表示には反映できませんが、確実にお預かりいたしております。
皆様、本当にありがとうございました。
皆様の貴重なご支援を無駄にしないため、包括外部監査の通信簿作成に一層努力していく所存です。

今回「包括外部監査の通信簿」の説明文を作成したことは、支援を集めることに役だっただけでなく、議員や市民に対して「包括外部監査」の制度説明ができたこともよかったです。「制度がよくわかった、過去の包括外部監査の指摘を一度調べてみたい」と連絡が来ました。

今後、5/26-27、6/23-24、7/15-16に「包括外部監査の通信簿」作成のための会議を名古屋で行い、9/1(土)2(日)に新潟で行う第25回全国市民オンブズマン新潟大会で冊子発表ならびにオンブズマン大賞の表彰式を行う予定です。
今後とも「包括外部監査の通信簿」ならびに市民オンブズマンの活動にご関心をいただけますと幸いです。

——
なお、郵便振替口座でのお振り込みはまだ受け付けております。
・郵便振替口座 00880-0-92327 「全国市民オンブズマン連絡会議 事務局」
 (「包括カンパ」と記載ください)
・ゆうちょ銀行 0八九店 当座 0092327 「全国市民オンブズマン連絡会議 事務局」
なにとぞよろしくお願いいたします。
——–
全国市民オンブズマン連絡会議は、2018年2月23日(金)12時から【市民オンブズマン作成の“包括外部監査の通信簿”で、自治体の無駄遣いをなくしたい!】支援募集を始めました。(2018年5月2日(水)午後11時まで)
https://readyfor.jp/projects/ombuds2018

これまで皆様にご支援をいただき、3年連続で70万円の目標額を達成致しました。
今回もなにとぞご協力をよろしくお願いいたします。

———-
全国市民オンブズマン連絡会議は、2018年2月23日(金)12時から【市民オンブズマン作成の“包括外部監査の通信簿”で、自治体の無駄遣いをなくしたい!】支援募集を始めました。(2018年5月2日(水)午後11時まで)
https://readyfor.jp/projects/ombuds2018

今回行うクラウドファンディングとはインターネット上で広く寄付を募集する仕組みで、全国市民オンブズマン連絡会議が毎年作成している「包括外部監査の通信簿」の印刷費用として70万円を募集することにしました。

「包括外部監査の通信簿」は、役所の無駄遣いを専門家が平均約1400万円かけてチェックする「包括外部監査」レポートを、市民オンブズマン側の専門家が出来不出来をチェックして通信簿冊子を作るものです。これによりレポートの質は向上し、各地の自治体の問題点があぶりだされています。しかし、毎年約150万円ほど赤字が出ており、今回も広く支援を募集します(4回目)。

募集期間内(5月2日まで)に目標金額70万円に満たない場合は、0円になってしまう仕組みです。何卒ご支援をお願いいたします。
また、広報にもご協力を頂けると幸いです。上記ページ内にツイートボタンやfacebookいいね!ボタンがあるので、情報の拡散だけでも参加してもらえると幸いです。
支援募集チラシも印刷しました。配布可能な方はご連絡ください。 office@ombudsman.jp
https://www.facebook.com/ombudsmanjp/

支援を集めるにあたり、一般の人にあまりなじみのない「包括外部監査」の仕組みを説明する動画も作成するなど、全国市民オンブズマン連絡会議として力を入れて取り組んでいます。
ご協力どうぞよろしくお願いします!

・包括外部監査の通信簿 特設ページ
 http://www.ombudsman.jp/houkatsu/
・支援募集チラシ
 http://www.ombudsman.jp/houkatsu/180223.pdf
 
※クレジットカードによるオンライン支援です。
 もしくは郵便振替口座 00880-0-92327 「全国市民オンブズマン連絡会議 事務局」(「包括カンパ」と記載ください)
 ゆうちょ銀行 0八九店 当座 0092327 「全国市民オンブズマン連絡会議 事務局」

・漫画でわかる包括外部監査の通信簿
 http://www.ombudsman.jp/houkatsu/150514.pdf
 
・アニメでわかる包括外部監査の通信簿(15/5/19版 (8分54秒))
 https://www.youtube.com/watch?v=TSEHRWVLrWk
 
・包括外部監査の説明動画(15/4/24版 約5分)
 https://www.youtube.com/watch?v=gr6BAFy9uAI

自治体の「包括外部監査」を評価する専門家大募集!

行政の不正を追及する市民団体「全国市民オンブズマン連絡会議」では、毎年都道府県・政令市・中核市が実施する「包括外部監査」を入手・分析して評価し、「通信簿」として冊子を作成しています。
「通信簿」作成により、「包括外部監査」の水準が上がり、結果として自治体がよくなっています。
評価班として一緒に通信簿を作成する弁護士・公認会計士・税理士・学者・議員らを大募集いたします。
一つの自治体の包括外部監査報告書が平均200頁ほどになりますが、それを読み込み検証・評価して「通信簿」に要約します。
その検証・評価の方法についての規準などは事前にお教えいたします。

実施日時:2018年4月-7月に1泊2日の会議を4回(予定)
4/28(土)29(日) 5/26(土)27(日) 6/23(土)24(日)は確定
実施場所:全国市民オンブズマン連絡会議 事務局
 名古屋市中区丸の内3-7-9 チサンマンション丸の内第2 303
参加定員:なし
申込方法:電話,ファックス,e-mailにてお申し込みください
申込締切日:2018/4/13
交通手段:公共交通機関のみ
最寄駅:名古屋市営地下鉄名城線・桜通線「久屋大通駅」徒歩5分
参加費、その他費用:なし
持ち物:なし
必要な資格、条件:弁護士・公認会計士・税理士・学者・議員など
特記事項:名古屋市内以外からの参加は交通費・宿泊費支給。
     レポートの提出方法などは事前にお伝えいたします。
     匿名での参加も可能です。
問い合わせ先:全国市民オンブズマン連絡会議 office@ombudsman.jp
tel 052-953-8052 fax 052-953-8050  

日弁連 機関雑誌『自由と正義』で包括外部監査制度特集

日本弁護士連合会 機関雑誌『自由と正義』2017年Vol.68 No.8[8月号]に、包括外部監査制度 ~弁護士の視点で行う監査の意義~が掲載されています。
https://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/publication/booklet/year/2017/2017_8.html

全国市民オンブズマン連絡会議が作成した「包括外部監査の通信簿」についても触れられています。
関心のある方は読んでみてください。(弁護士に問い合わせるか、大きな図書館にあります。)
——–
日本弁護士連合会『自由と正義』2017年Vol.68 No.8[8月号]

特集  包括外部監査制度 ~弁護士の視点で行う監査の意義~
包括外部監査の概要と現状~包括外部監査に弁護士が関わる意義~ 伊藤 倫文
包括外部監査人就任に向けた大阪弁護士会の取組                 井上 圭吾
包括外部監査人経験者による実例報告
I テーマの選定は包括外部監査の生命線!(岡山市)           小林 裕彦
II 弁護士業務の基本に通じる包括外部監査(神奈川県)        橋本 吉行
III 弁護士の強みを活かす(岐阜市)                         芝    英則
IV 包括外部監査における弁護士と公認会計士の協働について(群馬県)
竹原 正貴/村越 芳美
V 補助者の役割と魅力(福岡市)                 服部 博之/渡部 有紀

 

公立図書館に「包括外部監査の通信簿」を!

全国市民の皆さん、
1999年から始まった地方自治体の財政状況を監査する包括外部監査は、2017年度現在、全国122の自治体(都道府県、政令市、中核市、条例指定都市)で実施されています。監査の結果は毎年3月に報告され、各自治体はこの結果(指摘・意見)に対し措置を講じて公表します。

全国市民オンブズマンでは、これら監査報告書と行政の措置対応を点検し、「包括外部監査の通信簿」(通称:イエローブック)を毎年発行しています。「通信簿」のように全国の制度運用状況が一度にわかるものは他にありません。
しかし、「通信簿」作成には、その莫大な報告書と措置資料を収集して評価し出版するまでに多大な費用を要します。そのため「通信簿」の価格は5000円を超え少々高額なものになっていますが、本来、一般市民の方々にこそ手に取って活用していただきたい本です。
「通信簿」は、せめて公共図書館において広く閲覧できるものであるべきです。

そこで市民の皆さんに次の点をお願いします。
①まず、お住まいの都道府県や市の公立図書館に、「包括外部監査の通信簿」 (近年発行の2014年版~2017年版など)の閲覧希望を申し出てください。
②置かれていない場合は備付を要望してください。
③後日、購入・配架されているかを確認し、入手されていれば実際に閲覧してみてください。
(大阪市立中央図書館では、市民からの閲覧希望に応じ、2014年版通信簿を 置いています(開架式図書室・禁帯出)。2015年版、2016年版も閲覧希望を出しておきました。)

https://www.ombudsman.jp/houkatsu/library2017.pdf

すでに、いくつかの図書館から注文が来ています。

ISBN 978-4-904407-37-0 本体4629円+税 『2017年版 包括外部監査の通信簿』
取次は通していません。FAX 052-953-8050 office@ombudsman.jp にご注文下さい。
書店経由であれば、6掛けで卸します。送料当方負担・振込手数料当方負担。
詳しくはTEL 052-953-8052まで。

・チラシ・申込書pdf http://www.ombudsman.jp/houkatsu/2017wakayama.pdf
・申し込みフォーム  https://ssl.form-mailer.jp/fms/41534811522958

 


 

 

2017年度「包括外部監査の通信簿」結果発表

「2017年版包括外部監査の通信簿」の結果を発表いたします。
https://www.ombudsman.jp/houkatsu/2017kekka.pdf

(1)包括外部監査報告書の評価結果
 ① 平成28年度の各自治体の包括外部監査テーマ及びその評価は別紙一覧のとおりである。
   優秀賞2自治体2テーマ(うちオンブズマン大賞2自治体2テーマ)、活用賞26自治体28テーマであり、一方、改善要望14自治体16テーマであった。

「オンブズマン大賞」
今回は「オンブズマン大賞」は、青森県(公認会計士 倉成 美納里氏)と岐阜市(弁護士 芝 英則氏)の各監査人に贈る。2017年9月2日・3日に和歌山県民文化会館で行う「第24回全国市民オンブズマン和歌山大会」にて授賞式を行う。

 ② 「オンブズマン功労賞」について
   平成26年度から平成28年度まで3年連続同一自治体での活用賞以上を受賞した監査人には、「オンブズマン功労賞」を贈呈することとした。受賞者は次の3名である。”
   26・27・28年度 青森県包括外部監査人  公認会計士 倉成 美納里氏
              滋賀県包括外部監査人  公認会計士 村尾 愼哉氏
              岐阜市包括外部監査人  弁護士    芝 英則氏

(2)自治体の措置対応の評価結果
  各自治体の平成26年度包括外部監査への措置対応に対するA~E評価は別紙「包括外部監査について自治体の活用度評価一覧表」のとおりである。”
 総合評価の結果、Aランクになったのは、青森県、秋田県、岐阜県、東京都、神奈川県、大阪府、徳島県、山口県、愛媛県、札幌市、盛岡市、岐阜市、豊田市、大津市、豊中市、松山市、久留米市、宮崎市、那覇市、北海道伊達市、東京都町田市、岐阜県羽島市、大阪府八尾市の23自治体である。
 措置評価のうち総合D評価の自治体に対してはイエローカードを宣し、E評価についてはレッドカードを宣する。本年では、福山市が、本年度は何らの措置公表もなされておらずE評価であり、措置公表ワースト候補であり、改善を要望する。 また、5年連続で総合D以下の評価の11自治体(鹿児島県、仙台市、さいたま市、横浜市、京都市、郡山市、富山市、姫路市、倉敷市、福山市、長崎市)に対し、改善を求める要望書を送付した。

———-
平成11年度より都道府県・政令市・中核市で義務付けられている「包括外部監査」を市民の目でチェックしようと、全国市民オンブズマン連絡会議が平成12年から毎年行っている「包括外部監査の通信簿」の2017年版が完成しましたので御連絡致します。また、包括外部監査に自治体がどう対応したか「自治体の措置評価」も行いました。
なお、この記者会見は全国市民オンブズマン連絡会議としてのものであり、他地域では記者会見は行いませんのでご了承下さい。なお、毎年各報道機関には報道・全国配信いただいております。

 記事解禁:テレビ・ラジオ・ネット 8月29日午後3時以降、新聞8月30日朝刊 

●日 時:8月29日(火)午後3時00分~
場 所:愛知県弁護士会 3階小会議室
●出席者: 浅井亮(弁護士)全国市民オンブズマン連絡会議 包括外部監査評価班事務局長

内容等詳細につきましては、包括外部監査評価班事務局長の浅井亮弁護士(電話075―211―4643)もしくは全国市民オンブズマン(電話052-953-8052)までお尋ね下さい。データがご入用の方は、メール office@ombudsman.jp までお問い合わせください。

なお、1冊5,000円(税込み)で販売しております。申込方法は、当ホームページ(http://www.ombudsman.jp/)掲載の申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上、FAX(052-953-8050)にてお申し込みいただけます。(所定の用紙以外も可)
なにとぞよろしくお願いいたします。

・チラシ・申込書pdf http://www.ombudsman.jp/houkatsu/2017wakayama.pdf
・申し込みフォーム  https://ssl.form-mailer.jp/fms/41534811522958

2017年版包括外部監査の通信簿 注文受付中

2017年版包括外部監査の通信簿ですが、2017年9月2日に発行予定です
1冊5000円(税込・送料込)です。
冊子をご購入するには、申込書をfax(052-953-8050)するか、下記申し込みフォームで購入予約できます。
・チラシ・申込書pdf http://www.ombudsman.jp/houkatsu/2017wakayama.pdf
・申し込みフォーム  https://ssl.form-mailer.jp/fms/41534811522958

9月中旬以降に順次発送します。冊子に同封する振込用紙でお振り込みいただくか、銀行口座にお振り込みください。

なお、2017/9/2(土)午後-3(日)午前、和歌山県民文化会館で開催する第24回全国市民オンブズマン和歌山大会「『忖度』の闇に光を!!」の申し込みは以下をご覧ください。
http://www.ombudsman.jp/taikai/