トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

警察裏金・不正支出問題

最終更新時間:2018年08月29日 15時29分12秒

全国市民オンブズマン連絡会議が作成する、警察裏金・不正支出問題の特設ページです。

今後のイベント+シンポジウム予定

18/9/1-2全国市民オンブズマン新潟大会 分科会「共謀罪と公安警察」

全国市民オンブズマン連絡会議は2018年9月1日(土)13時〜17時、9月2日(日) 9時〜11時40分に新潟ユニゾンプラザ 多目的ホールにて第25回全国市民オンブズマン新潟大会を開催致します。https://www.ombudsman.jp/taikai

9月2日(日) 9時〜11時40分には、以下3つの分科会を開催致します。(1)共謀罪と公安警察    (2)情報公開セミナー    (3)政務活動費と海外視察 https://www.ombudsman.jp/taikai/2018bunkakai.pdf

全国大会・分科会申込は上記ページから可能ですが、当日参加も可です。ぜひご参加下さい。

2018年9月2日(日)9:00〜10:50 (5階特別会議室)共謀罪と公安警察〜市民の自由と社会秩序の在り方を考える〜

明るい警察を実現する全国ネットワーク

2020年のオリンピックの東京開催、いちばん喜んだのはだれだ!

決まった翌日のテレビのニュース「オリンピックを狙った国際テロ対策が必要だ」と、警察のテロ対策訓練風景これで公安予算は大幅に増額

『絶対安全なオリンピック』を実現するためなら何をしてもいい、いくら予算を使ってもいい、というおおらか都民、国民そのおおらかさが取り返しのつかない仇になる一旦増えた公安予算はオリンピックが終わっても減らない一旦強化した監視の仕組みはそのまま定着し、さらなる強化に進む

困ったことに公安警察の活動はもともときわめて不透明弁護士と検察官は蚊帳の外令状裁判官は公安警察の協力者マスコミは沈黙するか公安警察の応援団

フリージャーナリストの取材成果を狙う公安生活に根差した様々な要求や要請活動をする人々を監視する公安前代未聞の私戦予備陰謀罪被疑事件捜査、公安警察活動が露見した岐阜県警大垣署事件の実態を知るところから始める

市民オンブズマン的対抗策を考える

◎講演+助言:原田宏二さん(元警察官)

最近のニュース

17/12/16(土)警察を異常なまでにかばう裁判所の異常!無罪判決よりむずかしい、警察相手の国賠訴訟の現実(東京)

警察のあまりにも無謀な捜査、異常な活動。警察を信じている市民は、「まさか!」と驚き、怒り、実態を明らかにしたいと、国家賠償請求訴訟を起こす。裁判官は中立公正。ときには、被害者(原告)に同調するような態度さえとる。「警察はダメでも、さすが裁判官はちがうなあ」。そう信じた先にとんでもない結末(判決)が待っている。しかも、それは例外ではなく、常態!その現実と構造を考える。

  1. 日 時:2017年12月16日(土)午後1時30分〜4時30分【開場】午後1時15分
  2. 場 所:スクワール麹町・3階 錦(東京都千代田区麹町6−6)※JR四ツ谷駅・麹町口前【交通】JR四ツ谷駅徒歩30秒,地下鉄丸の内線・四ツ谷駅徒歩3分 地下鉄南北線・四ツ谷駅徒歩1分
  3. 参加費:1000円(資料代)
  4. 内 容
    • 原田宏二氏傘寿祝い記念講演「私がみた警察捜査の正体」原田宏二氏(元北海道警釧路方面本部長)
    • 報告:「長崎県警・けん銃摘発無令状捜査」堀 敏明(弁護士)「秋田県警・弁護士刺殺事件」近江直人(弁護士)+津谷良子(原告)
    • 討論:警察に勝っても裁判官に勝てない国賠訴訟の“壁” 原田氏、堀弁護士、近江弁護士、津谷氏
  5. 主催:明るい警察を実現する全国ネットワーク
  6. 問合せ先:03(3353)3399(さくら通り法律事務所)https://www.ombudsman.jp/policedata/171216.pdf

16/12/31以前の過去のニュースもあります

警察問題についてのメールフォーム(匿名投稿様式)をつくりました(05/7/5)。

https://search.ombudsman.jp/police/mail.html

明るい警察を実現する全国ネットワーク活動中

2004年10月23日に、元警察官と弁護士で結成しました。詳しくはこちら。 ホームページ開設しました。http://www.ombudsman.jp/akarui/ カンパ・賛助会員募集中です。また、各地でシンポジウムを行います。参加はどなたでも可能です。

ニュースのバックナンバー インターネット上で公開中

明るい警察を実現する全国ネットワークの活動を広く知って頂くため、ニュースのバックナンバーをインターネット上で公開します。(10号まで全ページ掲載)

はじめに

このページって何のページ?

新聞報道等でご存知のように、北海道警や高知県警や愛媛県警、福岡県警などで、捜査報賞費が不正に流用されていたという疑惑が浮上してきました。北海道警や静岡県警ではカラ出張を行っていた疑いもあります。この問題は全国的にまん延している可能性があるので、全国市民オンブズマン連絡会議に加盟している各団体がそれぞれの県警に対して追及し始めました。このページは、その現在の状況をまとめたものです。よくある質問は警察よくある質問にまとめました。

あなたにできること

各県警返還額一覧

元警察官の告白や、マスコミの報道、さらに各地の市民オンブズマンの追及によって、各都道府県警で不正支出分を認め、返還される例が出てきました。分かる範囲で集計していきたいと思います。詳しくはこちら各県警返還額一覧へ。

各県警返還額(すでに返還した額)1,222,234,259円(2007/12/21現在)

北海道警・岩手県警・静岡県警・愛媛県警・高知県警・福岡県警・宮崎県警で合計1,222,234,259円(2007/12/21現在)返還しました。

    • 2007.12.21 宮崎県警 「預け」852,517円を返還
    • 2006.12.22 高知県警 県費+国費捜査費 9,772,342円を返還
    • 2006.11.9 高知県警 県費 4,477,392円返還
    • 2005.12.28 愛媛県警 国費・県費161万414円を返還
    • 2005.11.22 北海道警 国費 599万8665円追加返還
    • 2005.7.28 愛媛県警 県費 94,127円返還
    • 2005.6.10 北海道警裏金 4968万8392円追加返還
    • 2005.3.31 福岡県警 県費22,587,463円を返還
    • 2005.3.14 愛媛県警 不正支出 県費分 17万8015円返還
    • 2005.2.28 福岡県警 不正支出 国費分 1億9353万1723円返還
    • 2005.2.18 北海道警 不正支出 国費分 6億5081万6059円返還
    • 2004.12.28 北海道警 不正支出 道費分 2億5608万9857円返還
    • 2004.11.8 岩手県警 344,494円 県に返還
    • 2004.10.6 静岡県警 13,110,000円返還
    • 2004.7.30 福岡県警 3,909,236円返還
    • 2004.6.30 静岡県警 10,267,010円返還

各県警返還予定額(今後返還する額)岩手県警1898万円+熊本県警46,536円+千葉県警2486万円 +神奈川県警国費分1億5753万円+福井県警270万円+石川県警300万円+山形県警336万円(2010/10/1現在)

  • 山形県警報道資料 10/9/28

http://www.pref.yamagata.jp/ou/keisatsu/800002/tyousakekka.html

  • 石川県警報道資料 10/7/2

http://honbu.police.pref.ishikawa.lg.jp/keimu_bu/kaikei/keiri.pdf

  • 福井県警報道資料 10/2/10

http://www.pref.fukui.jp/kenkei/kemubu/kaikei/keirityosa.pdf

  • 岩手県警報道資料 10/2/8

http://www.pref.iwate.jp/~hp0802/oshirase/kaikei/hutekisetsukeiricyousahoukoku/22.2.8.pdf

その他の資料

左側のメニューに一覧があります。

ページ一覧

更新順に並んでいます。データはPDF置き場にリストがあります。

Counter: 42533