トップ 履歴 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

審査請求逆転棄却

最終更新時間:2008年04月01日 09時43分33秒

各都道府県警へ情報公開条例に基づく情報公開請求し、(一部)非公開になった際、行政不服審査法に基づき、各都道府県公安委員会に対して審査請求が出来ます。審査請求がなされた際、各都道府県公安委員会は各都道府県に設置された情報公開審査会に諮問しなければならず、情報公開審査会は意見(答申)を述べることができます。この情報公開審査会の意見は拘束力はありませんが、答申を一部変更、または従わない事例は都道府県レベルで3.5%、市町村レベルで2.6%と極めてまれなケースです。(2001年度情報公開制度不服申立て実態調査報告 情報公開クリアリングハウス調査)

県警への情報公開請求にたいし、2005年に入ってから、情報公開審査会の答申に従わない事例が5件連続して起こりました。情報公開制度を根本から覆すおそれがあるこのような対応について、全国市民オンブズマン連絡会議として2005/9/10−11の別府全国大会で協議し、情報公開審査会の答申を参考にして取り消し訴訟を起こす旨の提案がありました。

☆(06/3/1)最近は、月ごとの捜査費の額を出すよう答申がでて、公安委員会もそれに従う場合も出てきています。


[08/3/21]高知県公安委員会 「捜査報償費開示」情報公開審査会に従わず

高知県警の平成14年度の捜査費の情報非公開に対して市民オンブズマン高知が審査請求をしていた件で、高知県公安委員会は平成20年3月21日付で異議申立を棄却しました。

[07/12/3]高知県警捜査費 摘要欄等個別開示を 県開示審査会が答申 

市民オンブズマン高知が平成14年度の高知県警捜査費(国費・県費)の情報公開一部非公開に対して異議申立をしていた件で、高知県公文書開示審査会は、捜査費の支払額を個別に開示するよう答申を出しました。このような答申が出されたのは全国初です。高知県警の捜査費(国費・県費)に関しては、これまで月ごとの合計額しか開示されてきませんでした。http://www.pref.kochi.jp/~kensei/jouhou/toushin124gou.htm

今回開示すべきと答申が出されたのは以下の部分です。

1 国費捜査費の現金出納簿

  • (1) 年月日欄のうち、年及び月
  • (2) 摘要欄(個別の事件名、個別の事件に関する捜査費の渡し、返納、追給に係る捜査員の氏名、捜査態勢に係る情報、警備部の活動状況に係る情報及び日にちを除く。)
  • (3) 収入金額欄
  • (4) 支払金額欄
  • (5) 差引残高欄

2 県費捜査費の捜査費支払明細書兼現金出納簿

  • (1) 年月日欄のうち、年及び月
  • (2) 摘要欄(個別の事件名、捜査態勢に係る情報及び日にちを除く。)
  • (3) 氏名欄(個別の事件に関する捜査費の渡し、返納、追給に係る捜査員は除く。)
  • (4) 受入金額欄
  • (5) 支払金額欄
  • (6) 残額欄

この答申を受けて、高知県公安委員会がどのような判断を下すのかが注目されます。

[07/1/30]青森県公安委員会 答申無視の裁決に県情報公開審査会が意見書提出

青森県警青森警察署・鰺ヶ沢署の平成14年度の国費及び県費捜査費の情報非公開、ならびに青森県警少年課・交通指導課の平成15年度の県費捜査費の情報非公開に対して青森県公安委員会が行った裁決が情報公開審査会の審査過程で提出されなかった情報に基づいて行われたのは制度そのものの意義を失わせることにもなりかねないとして、07/1/30づけで青森県情報公開審査会は県公安委員会宛に意見書を提出しました。情報公開審査会が意見書を出すのは極めて異例です。

青森県公安委員会はこれまでにも情報公開審査会答申に従わず、却下の裁決を下した前科があります。今回も答申を無視した裁決を行ったことに加えて、審査会が求めた情報も十分に提出せず、提出しなかった情報を根拠に裁決をしたために、いわば「審査妨害」にあたると判断したものだと考えます。

[06/12/27]青森県警捜査費情報公開 県公安委は県情報公開審査会答申に従わず

青森県警青森警察署の平成14年度の国費及び県費捜査費の情報非公開に対して弘前市民オンブズパーソンが審査請求をしていた件で、青森県公安委員会は平成18年12月27日付で異議申立を棄却しました。http://www.ombudsman.jp/policedata/061227aomori.pdf

この件では平成18年2月28日付で青森県情報公開審査会が「決裁欄の印影、取扱者の官職・氏名、捜査員等の所属を開示すべき」との答申を出していたにもかかわらず、公安委員会が従わないという「異例」の裁決となりました。

平成18年2月28日 青森県情報公開審査会答申http://www.pref.aomori.jp/jkoukai/jotousin/040.pdf

[06/7/19]宮城県警報償費非開示裁決訴訟 敗訴

宮城県公安委員会が、宮城県警捜査報償費の一部公開を求めた情報公開審査会の答申を受け入れず、非開示裁決をしたのは違法だと仙台市民オンブズマンが訴えていた裁判で、仙台地裁は06/7/19に原告敗訴の判決を出した。 

[06/7/4]岩手県公安委員会 捜査報償費 月額開示を裁決

2005年3月9日付で行った捜査報償費非開示処分の審査請求で、岩手県公安委員会は2006年7月4日付で、月ごとの支払合計額、受け取り合計額を開示するよう裁決を行いました。

[06/5/11]栃木県情報公開審査会 月ごとの支出額の開示が妥当と答申

市民オンブズパーソン栃木が、平成15年度分の県警本部少年課及び交通指導課の捜査報償費(県費)の部分開示決定処分にかかる異議申し立てについて、平成18年5月11日付で、栃木県情報公開審査会 月ごとの支出額の開示が妥当と答申した。答申全文はこちら

[06/4/28] 岩手県情報公開審査会 月ごとの支出額の開示が妥当と答申

市民オンブズマンいわてが、平成15年度分の県警本部少年課及び交通指導課の捜査報償費(県費)の部分開示決定処分にかかる異議申し立てについて、平成18年4月28日付で、岩手県情報公開審査会が月ごとの支出額の開示が妥当と答申した。答申全文はこちら

[06/2/28] 青森県情報公開審査会 月ごとの支出額の開示が妥当と答申

1.鰺ヶ沢警察署の平成13年度及び平成14年度の国費及び県費捜査費証拠書に係る不開示決定処分に対する審査請求について(鰺ヶ沢警察署)http://www.pref.aomori.jp/jkoukai/jotousin/039.pdf

2.青森警察署の平成14年度の国費及び県費捜査費証拠書に係る不開示決定処分に対する審査請求について(青森警察署)http://www.pref.aomori.jp/jkoukai/jotousin/040.pdf

[06/2/27] 高知県警捜査報償費 月額の開示を決定 高知県

市民オンブズマン高知が平成15年9月17日付で行った「平成14年度の警察活動費(活動費)の支出個別表(報償費に係るもの)」の部分開示決定処分に係る異議申し立てについて、平成18年2月27日付で、月ごとの捜査費の受入額・執行額・残額が分かる部分について開示するよう決定した。 

[06/2/1]秋田県公安委員会 捜査報償費 月額開示を裁決

2005年2月7日付で行った捜査報償費非開示処分の審査請求で、秋田県公安委員会は2006年2月1日付で、月ごとの支払合計額、受け取り合計額を開示するよう裁決を行いました。

[05/9/28]鳥取県情報公開審査会 月ごとの支払金額などは公開すべきと答申

鳥取県警捜査報償費(県費)の情報非公開処分の審査請求に対し、情報公開審査会は05/9/28づけで月ごとの支払金額など一部開示が妥当との答申を出した。まだ公安委員会の裁決は出ていません。

[05/7/19]佐賀県公安委員会 情報公開審査会に一部従わず

佐賀県警捜査費(国費・県費)の情報非公開処分の審査請求に対し、佐賀県情報公開・個人情報保護審査会は2005年6月9日付で月ごとの支払金額など一部開示が妥当との答申を出していたにもかかわらず、佐賀県公安委員会は2005年7月19日付で「3年以上前の情報は月ごとの支払金額を開示するが、3年未満の情報は非公開」との裁決を行った。

[05/7/7]滋賀県公安委員会 情報公開審査請求「逆転棄却」

滋賀県警旧今津署の平成14年度の国費・県費捜査費の情報非公開処分の審査請求に対し、滋賀県情報公開審査会は「月ごとの支払金額など一部開示が妥当」との答申を出していた件で、滋賀県公安委員会は情報公開審査会の答申に反して「棄却」した。公安委員会の裁決文全文はこちら

[05/7/7]青森県公安委員会 情報公開審査請求「逆転棄却」

青森県警総務課職員の旅行命令簿(01年4月〜04年2月分)の情報非公開処分の審査請求に対し、青森県情報公開審査会「氏名などを除く用務欄などは開示が妥当」との答申を出していた件で、青森県公安委員会は05/7/7づけで情報公開審査会の答申に反して「棄却」した。

[05/4/27]宮城県公安委員会 情報公開審査会に従わず

仙台市民オンブズマンが平成14年5月20日に宮城県警に情報公開請求した「平成11年度宮城県警刑事部,交通部,警備部の報償費支出に関する一切の資料」の非公開部分の一部を宮城県情報公開審査会が「一部を公開すべき」と答申した件について、宮城県公安委員会が05/4/27付で「非公開が妥当」と裁決した問題で、仙台市民オンブズマンは取り消し訴訟を6/9づけで起こした。

[05/4/21]岩手県公安委員会 情報公開審査会にしたがわず

2004/7/2付で市民オンブズマンいわてが岩手県公安委員会に起こした審査請求(捜査費の情報公開請求に係るもの)について、2005/3/22づけで岩手県情報公開審査会が一部開示の答申書を岩手県公安委員会に送付したが、岩手県公安委員会は2005/4/19づけで審査請求を棄却の裁決を出した。裁決の全文はこちら。情報公開審査会は、1.捜査報償費の月額 2.前月からの繰越額 3.印影を公開すべきとの答申を出したが、公安委員会はいずれも退けた。情報公開審査会の意見に従わない事例は、極めてまれであり、大変遺憾である。(参考 情報公開条例不服申立実態調査報告(情報公開クリアリングハウス 調査)

Counter: 104845