全国市民オンブズマン各種ランキング・落札率調査

更新: 2014/9/5


これまで全国市民オンブズマン連絡会議が発表した、各種ランキング・包括外部監査をまとめました。
各データを報道や研究に利用する場合、個別に全国市民オンブズマン連絡会議の許可を得る必要はありません。利用する際は、「全国市民オンブズマン連絡会議調べ」と記載下さい。

権利濫用調査

2013年6月現在、情報公開条例に「権利濫用と認められる場合は、情報公開請求を却下・拒否できる」という条文を持っているかどうかの調査を、全都道府県・全市・23区の例規集を調べて集計しています。結果は13/9/7-8の全国大会で発表します。

全国情報公開度ランキング

12/8/25発表資料:全国情報公開度調査(10/17一部訂正)
全国情報公開度調査(10/17版)
全国情報公開度調査概要(9/13版)
8/18マスコミ発表以後の正誤表(10/17 12時現在)

8/24記者発表後、北海道岩見沢市、埼玉県さいたま市、新潟県妙高市、鹿児島県鹿屋市のデータが誤っていたことが判明しました。
いずれも当方のチェックミスでした。関係者各位には大変ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫びいたします。
また、本文10ページ目「国の情報公開法においても、手数料の原則無料化の改正案が国会に提出されています。」に訂正します(9/4)。
また、島根県益田市と高知県香南市から、回答変更の連絡がありました。9/12版に反映しました。
島根県雲南市から、回答変更の連絡がありました。9/13版に反映しました。
本文8ページ目、政務調査費の2万枚の領収書のコピーを3枚のCD-ROMで公開は愛知県でした。10/17版に反映しました。


2012年4月1日現在調査
・全国都道府県・全市情報公開度調査(2012年4月末より順次アンケート送付中)

2010年度の調査結果について(11/9/1発表 11/9/21岩見沢市訂正 11/12/7日置市訂正)


10/9/3(金)結果発表

全国市民オンブズマン連絡会議は、10/9/4-5の全国大会で 発表するために調査した「予算編成過程透明度ランキング」 「全市情報公開度ランキング」を完成させました。


・8月21日 富山の一部マスコミに結果を送付
・8月30日 富山県記者クラブ+希望マスコミに結果を送付(メール)
    (落札率調査・政務調査費調査の結果を自治体にメール)
・9月3日午後3時 富山で行う記者会見公表・ラジオ・テレビ・ネット記事解禁
新聞は4日朝刊
          当事務局webにも掲載
・9月4日 富山での全国大会
      全体会で報告+情報公開分科会で議論
http://www.ombudsman.jp/taikai/
よろしくお願いいたします。

全国ランキング 第1次採点中です 10/7/23-8/2

全国市民オンブズマン連絡会議は、全都道府県・全市に対して 行ったアンケートに基づき、情報公開度ランキングの採点を行い、 10/7/23以降に各自治体に確認しています。
http://www.ombudsman.jp/rank/100723.pdf
意見の締め切りは10/8/2(月)です。

2009年度 全国情報公開度ランキングを調査します(10/4/23)

2009年度情報公開度ランキングは,各自治体に情報公開請求をせず、県と全市にアンケートを行って採点する方法を取ります。(今年は全県・全市を完全調査します)
各オンブズに対して,10/4/23づけで各市にアンケートを送付するようお願いしました。
・アンケート依頼文と内容 http://www.ombudsman.jp/rank/2009Q.pdf
・アンケート回答フォーマット(エクセル)http://www.ombudsman.jp/rank/2009A.xls
自治体担当者のかたは、なるべくエクセルに入力して回答いただけますと助かります。

2009年情報公開度ランキング よくあるご質問(10/5/21)

・質問J 【情報開示について】

「元の公文書が紙の場合,自治体側でPDF化してメールやフロッピー等で開示する」ことが可能かどうか,という趣旨です。

・質問M【公共工事の入札における随意契約の相手方の選定理由について】

 質問の趣旨は、随意契約に際して、「施行令の7通りのどの理由で相手方を  選定したか、という文書を作成し公開しているか」という質問です。  各自治体へは国土交通省からも同じアンケートが毎年出されています。     「入札契約適正化法に基づく実施状況調査の結果について」      平成22年2月17日 発表 国土交通省、総務省、財務省  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/24963.html

・質問N【予定価格の公表について】

   「情報公開請求の有無に関わらず、公表しているかどうか」という趣旨です。

2008年度全国情報公開度ランキング(09/8/12発表)

【重要:ランキング対象について】
2008年度情報公開度ランキングは、各オンブズに呼びかけ、できる限り県内の全市と県庁に対して情報公開請求を行い、評価しようとするものでした。空欄の自治体については、各地元オンブズが情報公開請求していないところです。

【重要】(09/8/14訂正+8/18訂正+8/25訂正+9/11訂正)
 ・群馬県知事交際費をBからAに変更
 ・奈良県分を最終ページに追加
 ・記者会見資料2ページ目最後 【誤】「交際費については、宮崎県、大阪府、逗子市などで全廃されています。」
            【正】「交際費については、大阪府、逗子市などで全廃されています。」
 ・採点基準 G    【誤】全面非公開 0点
            【正】その他  点数なし
・愛知県内各市の点数を全面的に見直し、差し替え
 ・大阪府知事交際費をSからAに変更
 ・大阪府松原市交際費をEからCに変更
 ・点数表の一番最後 【誤】点数の空欄は、回答がなかったもの、
           【正】点数の空欄は、回答がなかったもの、地元オンブズがアンケートを
              そもそも行わなかったもの、
 ・佐賀市の交際費をFからGに変更


  • 第12回全国情報公開度ランキング(HTML版)08/3/21発表2007年11月調査
      第12回全国情報公開度ランキング PDF版
      各自治体ユニーク情報公開制度 PDF版
      (3/18版から一部訂正:任意参加市 川口市は閲覧手数料を取ります。)
  • 第11回ランキング2006年11月調査 2007年3月16日発表  PDF 526K
  • 第10回ランキング2005年11月調査 2006年3月発表 PDF 516k
  • 第9回ランキング2004年11月調査 2005年3月発表 PDF 211k
  • 第8回ランキング2003年11月調査 2004年3月発表 PDF 304K
  • 第7回ランキング2002年12月調査 2003年3月発表 PDF 74K
  • 第6回ランキング 2001年11月調査 2002年3月発表 PDF 56K
  • 第5回ランキング 2000年11月調査 2001年3月発表 PDF137K
  • 第4回ランキング 1999年11月調査 2000年3月発表 PDF1.6M
  • 第3回ランキング 1998年11月調査 1999年3月発表 PDF 80K
  • 第2回ランキング 1997年10月調査 1998年2月発表 PDF 80K
  • 第1回ランキング 1996年10月調査 1997年2月発表 PDF 55K


    全国落札率調査

    平成25年度の公共事業の落札率調査結果(14/9/5発表)

    14/6/4 落札率調査アンケート発送

    都道府県・政令市・県庁所在地市 落札率調査(PDF)

    14/6/27(金)締め切りです。
    14/9/6-7全国大会で発表予定。

    2012年度落札率調査(13/9/6発表)

    全国(47都道府県、20政令市、31県庁所在地市) 公共工事入札落札率等結果

    2011年度落札率調査(12/8/18発表)

    全国落札率調査(47都道府県、20政令市、31県庁所在地市)
    質問状12/5/17メールで送付済

    2010年度落札率調査結果 (11/8/20発表)

    2009年度落札率調査結果 (10/9/3発表)

    2008年度落札率調査結果 (09/8/12発表)

    ※2005年度調査までは、談合疑惑度は落札率95%以上の割合で算出していたが、2006年に談合が摘発された福島県・名古屋市で、本命業者のみ95%以下で入札する「95%ルール」を談合業界で作っていたことが判明。06年度調査からは落札率90%以上の割合で算出するようにした。


    議会調査

    その他データベース(情報公開市民センターのページ)

    トップに戻る