IR・カジノ

 
22/10/18(火)15時~ 夢洲IR差止訴訟 第1回口頭弁論 大阪地裁
夢洲IR誘致の差し止めを求める住民訴訟は、2022年10月18日(火)午後3時、第1回口頭弁論です。ご都合つく方は傍聴をお願いします!大勢の傍聴者が
詰めかけることが裁判長への強いアピールとなります。
午後2時20分ごろから大阪地裁東門付近で傍聴券配布です。(大勢の場合抽選)
法廷終了後は、大阪弁護士会館902号会議室で支援者の皆さま向けの報告会を行います。こちらの方もふるってご参加ください。
—–
夢洲土地契約差止請求
全国市民オンブズマン連絡会議 IR・カジノ
22/9/24(土)全国オンブズ大会で大阪夢洲地区IR事業地差止請求発表
22/9/24(土)25(日)に原則オンラインで行う第29回全国市民オンブズ米子大会2022の「各地からの報告」は以下4つです。
・大阪 夢洲地区IR事業地差止請求
・香川 県議海外視察・政務活動費勝訴
・福岡 政治倫理条例ランキング
・大分 新型コロナワクチン副反応報告書公開
全国オンブズ大会はどなたでもオンラインで参加出来ます。
無料。要事前申し込み

—-
第29回全国市民オンブズ米子大会2022
22/8/20(土)カジノ誘致白紙撤回に向け横浜の経験に学ぶ 夢洲IR差し止め訴訟決起学習会(リアル&リモート)
22/8/20(土)14:00~17:00、カジノ誘致白紙撤回に向け 横浜の経験に学ぶ 夢洲IR差し止め訴訟決起学習会をリアル&リモートで開催します。
夢洲IR差し止め訴訟原告団・弁護団、カジノの是非は府民が決める 住民投票をもとめる会共催です。


講師は、大川隆司弁護士と新里宏二弁護士です。
Youtubeでも見れます。

—–
カジノ誘致白紙撤回に向け横浜の経験に学ぶ
夢洲IR差し止め訴訟決起学習会
8/20(土)14:00 リアル&リモート

日時 2022年8月20日(土)14:00~17:00
会場 エルおおさか606会議室
定員80名・要事前予約
下記セミナーお申し込みフォームかQRコードからお願いします。

講師
弁護士 大川隆司氏
弁護士 新里宏二氏

プログラム
 14:00 開会
講演 大川隆司氏
 [15時頃から新里宏二氏の報告]
15:30 意見交換会
17:00 閉会

不毛で無謀なカジノ計画に大阪の未来は託せない!
年間約1600万人(国内客約1000万人)が約7兆円の金を賭けると見込んだ誇大妄想のような大阪のIRカジノ計画。賭博で大金を失った人の不幸の上に成り立つ行政運営は許せません。建設土砂や浚渫残土で埋め立てた夢洲の土壌は有害物質で汚染され、軟弱地盤は地震で液状化します。大阪市は、土地所有者の責任として約790億円の公金を投入してIRカジノ事業者のために地盤改良すると発表。このような大阪のIR誘致に反対し、7月29日、大阪地裁に夢洲IRの誘致を止めるためIRカジノ事業者に対する夢洲の貸与差し止め訴訟を提起しました。
今回はこの法廷闘争をはじめ、IRカジノ誘致の白紙撤回に向けて、私たちは今後どのように闘っていけばいいかを共有する学習会です。
横浜市でIR事業者に対する市有地の貸与差し止めを求める住民訴訟を提起され、また「カジノの是非を決める横浜市民の会」で住民投票条例署名運動を展開。議会での住民投票条例否決後は「カジノ反対の市長を誕生させる横浜市民の会」の設立など、カジノ反対市長誕生に深くかかわった弁護士の大川隆司氏から、その運動の原動力や展開、カジノ推進派との戦い方について学びます。

また、全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会代表の新里宏二氏にも参加いただき、カジノ誘致と特定区域整備計画認可などの現況をご報告いただきます。

大川隆司氏
1940年横浜生まれ。1968年弁護士登録。1994年かながわ市民オンブズマンを結成、代表幹事。2021年3月「カジノ反対の市長を誕生させる横浜市民の会」(山中市長誕生後は、「市民のための横浜市政を進める会」と改称)の設立に参加。運営委員として現在に至る。
新里宏二氏
1952年盛岡市生まれ、中央大学法学部卒、1983年仙台弁護士会登録。仙台弁護士会会長、日本弁護士連合会副会長を務めた。現在、全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会代表、優生保護法被害者弁護団共同代表を務める。日弁連消費者問題対策委員会幹事。

エルおおさか
●Osaka Metro谷町線・京阪電鉄「天満橋駅」より西へ300m
●Osaka Metro堺筋線・京阪電鉄「北浜駅」より東へ500m

共催:夢洲IR差し止め訴訟原告団・弁護団、カジノの是非は府民が決める 住民投票をもとめる会
お問合わせ先:mail office@vosaka.net phone 06-6585-0258
————
夢洲土地契約差止請求
カジノの是非は府民が決める 住民投票をもとめる会
——–
全国市民オンブズマン連絡会議 IR・カジノ
大阪市IR 住民監査請求はどうして「合議不調」になったのか 解説
大阪市がカジノ事業者に誘致予定地の夢洲の土地を貸す、定期借地権設定契約の差し止め請求を行っている住民監査請求人の弁護団が、今回の「合議不調」について解説しています。

・2022年7月19日 19:49 夢洲土地契約差止請求
 住民監査請求は「合議不調」の決定
 合議不調となったのは、4人の監査委員の意見が分かれ、調整できなかったためとあるが、どのような点で意見が分かれたのか。
 ・監査請求で訴えているのは次の点。
 ・本件請求には理由本件請求には理由がないので棄却すべきとする見解
 ・今回の結果には付言がついている
 
——- 
・22/7/8 監査結果 大阪市監査委員
 
—–
夢洲土地契約差止請求
全国市民オンブズマン連絡会議 IR・カジノ
22/7/8 大阪市IR 定期借地権設定契約差止住民監査請求 合議不調 市監査委員
大阪市の住民が、大阪市に対し、夢洲(IR予定地)の土壌改良等790億円費用負担は違法であるため借地権設定契約等の締結の差し止め等を求める住民監査請求を行った件で、大阪市監査委員は22/7/8に意見が一致しなかったとして「合議不調」を出しました。

住民監査請求人は、今後住民訴訟を提訴するとのこと。
なお、夢洲土地契約差止請求 住民監査請求人から、情報発信のためのSNSを作ったと連絡がありました。
——–
全国市民オンブズマン連絡会議 IR・カジノ問題
大阪市夢洲(IR予定地)790億円住民監査請求 意見陳述
大阪市の住民が、大阪市に対し、夢洲(IR予定地)の土壌改良等790億円費用負担は違法であるため借地権設定契約等の締結の差し止めを求める住民監査請求を行った件で、22/6/23に住民監査請求人が意見陳述を行いました。
本人の同意を得た上で、弁護団から意見陳述書を情報提供して頂きましたのでネット上にアップします。
どうして今回住民監査請求を行ったのか、IRカジノ計画の問題点がよく分かります。



・陳述書 山田明氏
・陳述書 稲森豊氏
・陳述書 中野雅司氏
 
参考:22/5/11 住民監査請求書
 
2022年7月8日までに住民監査請求の結果が出る予定です。
——–
資料等は「「反対」から「中止」へ ストップ・夢洲カジノ!カジノの是非は府民が決める 住民投票をもとめる会」ページでまとまっています。
大阪市夢洲(IR予定地)土壌改良等790億円費用負担は違法と住民監査請求
22/5/11、大阪市の住民5名が、大阪市に対し、夢洲(IR予定地)の土壌改良等790億円費用負担をするのは違法のため、借地権設定契約等の締結の差し止めを求める住民監査請求を行いました。
弁護団から住民監査請求書を情報提供して頂きましたのでネット上にアップします。

報道等は「「反対」から「中止」へ ストップ・夢洲カジノ!カジノの是非は府民が決める 住民投票をもとめる会」ページでまとまっています。